01.gif01.gif

02.gif02.gif

コンビニ専門会計事務所が教えます。あなたがコンビニを開業する前に知っておいてほしいこと。私たちは現在経営中のコンビニオーナー様はもちろん、これから開業するコンビニオーナー様も応援しています。

HOME > 基礎知識 > FCビジネスのメリットとデメリット

FCビジネスのメリットとデメリット

加盟者にとってのメリットとデメリット

比較.gif 前頁で、FC本部が純粋な「仲間」では無い事を自覚するようにすすめました。コンビニ本部と加盟者は【卸業者】と【小売業者】のような関係であって、身内ではありません。

おそらく開業を検討し、このページをご覧のあなたならご存じとは思いますが、コンビニ本部と加盟者には裁判沙汰の争いがあるのも事実です。

 しかし同時に、あなた自身が独立した経営者としての自覚を持って「コンビニ本部を利用する」ならば、そこには多くのメリットがあることも事実です。

 そこで、以下に、(社)日本フランチャイズチェーン協会の紹介するフランチャイズチェーンのメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット

  1. 一般に広く知られているチェーン名やマーク、イメージを利用できる
  2. 事業経験がなくても、本部の指導によって事業を開始できる。
  3. フランチャイズ本部が過去に蓄積した実績と経験に基づき事業を行なうので、個人で開業する場合と比較して成功する確率が高い。
  4. フランチャイズ本部による経営指導(税務・会計・法律など)や援助(新商品開発、仕入れ確保、販売促進、教育など)が受けられ、営業に専念できる。
  5. 独立した事業者として営業できる。
  6. 本部が大量に仕入れ、また生産した質の高い商品や材料を安価で安定して購入できる。
  7. 開業物件の立地調査を本部に依頼できる。
  8. 広告・宣伝など、フランチャイズチェーンならではのスケールを生かした販売促進活動に参加できる。

デメリット

  1. フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。店舗のイメージ、取り扱い商品やサービス、メニューなどすべて本部の経営方針に従わなくてはならない。たとえば、勝手に指定以外の商品を販売したり、金額が安いという理由だけで、指定外の備品を使用することなどにも制約がある。また、営業時間・休日なども厳守しなくはならない。
  2. 営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある。

 要するに、本部のルールに従いロイヤリティを支払う代わりに、出店・仕入・集客・販売・求人・研修などのノウハウの提供を受けることが出来るということです。

 大手コンビニと同じようなお店を独自に作ろうとした時に、どれほどの苦労が存在するかを考えてみれば、相当の対価の支払いは必要と言えるでしょう。それをよく理解したうえで、“加盟すべきかどうか”、“どのチェーンと契約を結ぶべきか”を自分自身で決定し、そのメリットを最大限利用することが大切です。

 フランチャイザー、フランチャイジーともに利益が存在するからこそ、フランチャイズビジネスは1200チェーン、23万店舗と、大きな広がりを見せているのではないでしょうか。


FCビジネスの成功率は高いのか?

 「コンビニをやってみてもうまくいかなかった」という話はもちろん聞こえてきます。真剣に開業を検討する方ならば特に気になることでしょう。


 確かに、こんなデータがあります。 
 ”FC加盟者の、創業五年後の事業生存率は65%”


 つまり、フランチャイズビジネスを始めた35%の方が5年以内に廃業をしています。(ただしコンビニは契約時に7~15年程度の契約を結ぶので、この間の廃業は極めて少ないはずです)

 では一方で、FC加盟をしなかった場合はどうなるでしょうか?

 ”FC非加盟者の、創業五年後の事業生存率は15%”

 FCに加盟しないでビジネスを起こすことは、さらに困難だと判ります。さて、この数字を見てどう感じますか?
 受取方は人それぞれだと思います。
 65%・15%を高いと思うか低いと思うか。

 ただ間違いなく、一般的にFCへの加盟によってビジネスは軌道に乗せやすいと言えるのではないでしょうか?
 コンビニも4店舗にもなれば親子2代で営む家業になっていることもよくあります。今後は法人化も進み、親子3代でという話も聞こえてくるでしょう。

 小売業の偉人、サム・ウォルトン(ウォルマート創始者)も、初めはフランチャイズビジネスから成功させていったのですから。

予測可能性を最大限利用できるかどうか?

 コンビニを始めとしたFCビジネスの特徴は、予測が可能ということです。もちろん、その予測は完全ではありません。予測は外れるでしょう。

 しかし考えてみてください。世界には、まったく売れるかどうかわからない、誰も見たことのない商品を作り出して販売する起業家も居ます。
 彼らの「先行きが全く見えない、だからこそ挑むのだ」というような信念と比較すれば、このビジネスがこの程度の立地、この程度のプラン、この程度の労力で、この程度のリスクで・・・という事前検討をできるという圧倒的なメリットがあるわけです。

 反面、コンビニ本部を選び、契約内容を精査し、立地を判断し、売上予測の客観性を疑ってみて・・・と、契約をすすめた後で、方針転換をするのは非常に困難です。

 独自のサービスを提供する起業家であれば経営を始めてからも何でもありですが、FCとの契約の枠の中で事業を展開するFC加盟オーナーは、契約までが勝負です。

 じっくりと契約相手とプランを選ぶことが重要なのです。

 日本コンビニオーナーズ会計ではコンビニ本部選びの参考になるように、無料でコンビニFC&プラン比較表をお渡ししております。エクセルデータですのでご自身で様々な売り上げシミュレーションをしていただけます。
 あなたのFC選びが、あなたに成功をもたらすことをお祈りいたします。


では次のページでは、
本部と加盟者の関係について、もう少し詳しく調べてみることにします。
LinkIcon「フランチャイザーとフランチャイジー」に進みましょう。




日本コンビニオーナーズ会計 代表 泉盛浩